momon stadium

モモンスタジアム ~まとまりのない絵日記・雑記~

MENU

「パティスリー GIN NO MORI」のクッキー缶を買いました。感想など

スポンサーリンク

どうもこんにちは、モモンです。

ミッドランドスクエアにある、「パティスリーGIN NO MORI」でクッキー缶を購入しましたので、珍しく紹介したいと思います。

「パティスリー GIN NO MORI」はどこにあるのか

「パティスリー GIN NO MORI」は岐阜県の「恵那 銀の森」に、2018年7月にオープンしました。

銀の森は食のテーマパーク、お隣の県なので情報番組などで何度か見たことがあります。素敵そうなところで行ってみたいのですが、いまだ行ったことがありません。。。

敷地は緑が多くて、おいしそうなものもたくさんありそう。

もう少し世の中が落ち着いたら、行ってみたいなあと思います。

ginnomori.info

 

そして「パティスリー GIN NO MORI」は2021年6月オープンの銀座本店に続いて、名古屋にもミッドランドスクエアに2022年7月、登場しました。

ginnomori.info

ミッドランドスクエアにある「パティスリーGIN NO MORI」の様子

 

と、ここまで知ったようなことを書いてきましたが、今回、店舗にはたまたま通りかかったのでした。

 

ローマ字も読めない飲んだくれか

何のお店かなと入ろうとしたのですが、店内がおしゃれ過ぎておしゃれではない私はドカドカと入りづらく、少し離れたところで事前情報を得るべく検索(小市民か)

この時点ではまだ「ジンノモリ」だと思っていたためそれで検索してしまいましたが、それでも出てくるGoogle先生の頼もしさ。

検索の一番上に「クッキー まずい」とか出てくるので『ムム?』と思いましたが、クッキー缶に興味があったため再び店舗前へ移動。

ここで急にクッキー缶についてのひとり言

話が若干それますが、クッキー缶って見ているだけでウットリしますよね。え、しませんか?私はメチャします(知るかって)

バレンタインの時、アムール・デュ・ショコラでも色々売っていて、お高いわねえと思いつつもこんな時でもなければ買うことはないし・・・と、「アトリエうかい」のものをダンナに買いました。もちろん一番ちっちゃいものを(笑)

そのとき、味見に・・といくつかくれたのですが、まあそれが美味しいのなんの。

味や素材の組合せなどにやはり違いがみられますよね。値段なりのことはあるなと思って(何やエラそうやな)

それでもまあしょっちゅうは買えないわけですが、っていうかそれから一度も買ったことはありませんが、クッキー缶にすっかり魅せられました。

クッキー缶を自分で作る本とかあるので、買ってやってみようかなでもやるわけねぇなと思ったり。

こういうのね

 

アトリエうかいも本出してます。自分にはハードル高いけども。

 

 

ネットニュースかなんかでも、息子が作ったクッキー缶・・であがっているのを見たことがあって、あれとても羨ましかった。

うちの息子は食べるの専門、文句添え。クッ

話は戻って「パティスリーGIN NO MORI」店内へ

高級感のある店内で入るのをためらっていましたが、ちょうどよく(?)、店員さんにガッツリ質問攻めしている方がいらっしゃったため、コッソリ入店。(何をそんなにビクビクしているのか)

せっかく店内撮影OKの表示があったのに、恥ずかしくて撮影できず。

まあ、私が撮ったところでインスタグラマーでもインフルエンサーでも何でもないため意味ないしね(いじけるなよ)

ミッドランドスクエアの店舗の感じは下記のURLでご覧ください。

ginnomori.info

ね、足を踏み入れづらいでしょ(お前だけや)

そんなこんなでせっかく入店してもあまりシゲシゲと店内も見られなかったのですが、パウンドケーキが3種類、4種類だったかな(数も数えられんのか)

こういうこだわっているところ(どこのお店もこだわってるだろうけどさ)のお味ってちょっと一味違ってるところがあって息子が食べられないかもしれないので、いや食べられなくてもいいんだけども(いいのかよ)、まあちょっとそちらはやめておきまして。紅茶缶やコンフィチュールもありました。

そして一番興味のあったクッキー缶を横目でじろじろ見て(堂々と見ろ)、まあ大きいのはやはりお高いので、一番小さいのを購入しました。

入店前の事前調査では、どんぐりの粉などを使用しているということで味がどうなんかちょっと分からないといこともあったし。

「パティスリーGIN NO MORI」のクッキー缶、中身と味はどんな感じ?

こちらが今回購入したプティボワ120。

サイズによって120とか150とか180と付いているみたい。

プティボワとはフランス語で「森の恵み」だということ。


こういう缶って取っておきたくなりますよね。。。(そんでうまく使えずたまっていくという・・)

そして中身がこちら

見た目だけでまずおいしそう。

そして味もお伝えしたいと思って少し食べたのちに、内容を説明した紙が入っていたことに気付く。

減っている中身ww

説明の紙、読めますかね??

読めると仮定して(仮定じゃ意味ない)、食べたのは

3、5、6、7、8、10。(少しだけ食べたつもりだったのに結構食べてた・・)

どんぐり粉を使用しているという右上の5、言われなければちっとも分からず、というか言われてもちっとも分からなくて(味オンチか)、サクホロという感じでおいしかったです。

木の葉の形の8は、説明を読む前に食べたらシナモンは感じましたが黒胡椒は分からず・・・(味オンチか)少し固め。

7の木苺は結構酸味がありました。10の山査子はゼリーのような触感。

今回食べたものは全ておいしく、他のクッキーもおいしいだろうな~と期待。

というか、全部食べてから記事にするべきな気もしてきましたが、そうするとまたいつになるか分からないので・・・(大事にゆっくり食べるから・・・ではなく、食べるのは早いが書くのが遅いと思われるため)

それに、結局『おいしかったです』『サクッとしてました』『よく分かりませんでした』くらいのことしかどうせ書けんしな(いじけるなっての)

 

ちなみに今ジェイアール名古屋タカシマヤの催事にも出店しています。

8月3日(水)~8日(月)、「第5回 JR東海 いいもの探訪フェア」にて。

以上「パティスリー GIN NO MORI」のクッキー缶の感想でした。

なんだか今回、セルフつっこみ大目になってしまった。

どうにもおしゃれな店とかで挙動不審になる自分が憎い。堂々とすればいいのに、誰も見とらんわ。