momon stadium

モモンスタジアム ~まとまりのない絵日記・雑記~

MENU

サッカー観戦なのかグランパスくん観戦なのか、それが問題だ

スポンサーリンク

どうもこんにちは、モモンです。

タイトル仰々しいけど相変わらず大したこと書いてません(なんの予防線か)

4月20日水曜日は、コロナの関係で延期されていた第2節の名古屋グランパス対FC東京戦がありました。やっと守備が良くなってきたけど、点が取れんがね・・!!

しかし東京の最大の決定機もパーに当たってこちらも入らず、グランパスにはオ・ウンゴル選手だけでなくクロスバー・ポスト選手もいたという話。(観てない人には意味不明ですみません)

試合が豊田スタジアムで行われるときはたまに観戦に行くのですが、試合と共に楽しみにしているのがグランパスくんを見ること。

グランパスくんファミリーのかわいさを力説

ここで改めて説明すると、Jリーグのチームにはそれぞれ公式マスコットがありまして、グランパスには「グランパスくん」というそのまんまな名前のシャチのマスコットがいます。

・・・何回かブログに書いていて今さらですけど。

発足当初はマスコットに脚がない(サッカーなのに)からグランパスも弱いんじゃないかと言われていたような、言われていないような。

グランパスくんファミリーはグランパスくん、奥さんのグランパコちゃん(グランパスくんは恐妻家らしい)、息子のグランパスくんJr,、そしてイケメン好きの娘グララがいます。

グララは誕生日が同じこともあって宮原和也選手が推しだったため、宮原選手の結婚報告時には落ち込んでいる動画がアップされていました。

その後は誰を応援してるんだろ??結婚しても宮原選手なのかな。

他のチームのマスコットはほとんどユニフォームなど着ていますが、グランパスくんは裸一貫頑張っております。男らしい(意味不明)

そんなこと言ってたらグランパコちゃんもグララも基本裸ということに・・キャー(なんやお前)
そしてジュニアだけはユニフォーム着てます。

そんななのでたまにユニフォームやスーツとか着てるとこれがまたかわいくて。デレデレ。って、なんかアホみたいだな(みたいではなく、アホですね)

力量がなくてあまり力説できなかった。無念。

グランパスファンクラブとグランパスくんパック

ダンナはファンクラブにグランパスくんパックも付けて入っています。

グランパスくんのポーチやステンレスボトルなどの特典があります。

そして、特典の一つであるグランパスくんファミリーとの記念撮影会(抽選)。

ダンナが前にその撮影会に当選しまして。

その時の写真です。

左からグララ、グランパコちゃん、ダンナ(分かっとるわ)、グランパスくん、グランパスくんJr.です。

いつもはピッチサイドでの撮影らしいのですが、この日は生憎の雨で室内で。ダンナ残念がってました。

そして撮影は当選者本人しか権利がなく、試合後のイベントでいつまでかかるか分からなかったためこの日私は寂しく1人で帰りました・・・羨ましくて鼻血出そうでした。

自分もグランパスくんパックに入ればいいんだけど、ファンクラブに入らないといけないんですよね。グランパスくんだけっていうのがなくて。それで二の足を踏んでいるという(ケチか)

そして先日判明したのは、グランパスくんパックにはホームゲームでのグランパスくんがちゃが付いていることをダンナが知らなかったということです・・!

今季もう6回?行ってるのに1回もがちゃってないという、、もったいない

私はグランパスが好きだからマスコットも好きというよりは、グランパスくんが好きだからグランパスへの応援度が増してきたという感じといえるかも。

スタジアム観戦時の行動

そんなわけなので、スタジアムに行っても選手よりグランパスくんをキャーキャー写真とってます。

1人だけ明らかに向きがおかしい

湘南戦の話を以前書きましたが、その時は席が良かったこともあって

グランパスくん録画したいわ

選手に拍手したいわ

選手の写真も撮りたいわ

で手も目も足りないYO!!!

ってなってました

結構忙しい

湘南戦の時の話

momosta.jp

写真だなんだってやってると、観てんだかなんだかどっちつかずになりますよね。

子どもの運動会とかでもそうなりがち。なので「心のシャッターを押してやるぜ」って、息子の写真とか動画ほとんどないです。。場所取りとかも負けるしね(というか参戦もロクにできない)

そして心のシャッターなんて言いながら、押してもあんまり覚えてないという、、なんか見たもの覚えるの苦手で。記憶装置ゼロ?

その話はまたひとり言で書こうかと思います。(書かんでいいって、まあ聞いてくださいよ・・)

話が最後に大幅に盛大にズレましたが、もしJリーグサッカーを観る時がありましたらマスコットたちも見てみてください。

(真剣な場にマスコットなんて!とあまりマスコットに気合いを入れていないチームもあります)